チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

アピタのチラシはマーチャンダイザーと
チラシデザイナーの腕の見せ所

アピタはユニーが経営する中部圏の複合商業施設のビッグチェーンで、多くの専門店がテナントとして入っています。
アピタには、夥しい種類のパターンがありますが、最もポピュラーなものは、B4判のウラオモテ2色の平日の当日限りの食品のチラシ、B4判カラーのファッションや生活グッズのチラシ、週末に新聞折り込みされるウラオモテがカラーのB3判の、オモテはファッションやグッズ、ウラは食品などの日常的なチラシの種類があります。
しかし、大規模チェーン店だけあって、グランドオープンやアニバーサリー(誕生祭)には、なんとB4判の8ページ、フルカラーがあり、ファッションを中心にすべてのテナントの目玉商品が掲載されて、イベントのスケールと、専門店ジャンルの豊かさと、生活提案を豪華に演出しています。

アピタのチラシの特徴は、大別して、単独店と、チェーン合同のチラシがあることで、ここに流通業におけるマーチャンダイジングの仕入れの技術と、チラシ制作のコーディネートの技術が働いています。
たとえば、B3判のファッション+グッズ+食品を中心とするチラシを見てみると、オモテ面は、トップのAPITAの店名のロゴと、すぐ下に「不用な衣料品をお得なクーポンに」と、アピタチェーン店の他地区でのオープン協賛は共通ですが、ファッションの内容は単独店版と合同版は、まったく異なっていて、たった1点、レミオーレの女性モデルとキャミソールとタンクトップの商品が共通しているだけです。
裏面の食品の、日替わり奉仕品と、日用品のデザインは全く共通です。
次にB4・8ページの大型チラシを見てみます。
表紙は、単独店版がイメージガールで「誕生祭」として5%OFF、11周年記念ガラポン抽選会、合同版は「アピタ全力祭」として、イメージガールで、ホテル・温泉に抽選でご招待企画などの情報があり、全く異なります。
2ページ目のデカデカと10%OFFは共通、そして、4、5ページ目のインテリア、ファッション小物、日用品、6、7ページ目の食品、8ページ目の日替わり食品も共通していますが、異なるのが3ページ目のファッション。

単独店版のチラシではそれぞれのフロアのテナント中心にメイン商品があるのに比べて、合同版のファッションではテナントはなく、いろいろなメイン商品です。
合同版はそれぞれのチェーン店で入居テナントが異なるため、テナント別に商品が打ち出せず、各チェーン店共通の商品を仕入れて、目玉商品としてもってこなければなりません。
このように、アピタのチラシには、専門店が異なることと、チェーン店共通の目玉商品として仕入れてチラシに掲載する、複合商業施設独特のこみ入った仕組みがあり、仕入れるマーチャンダイザーと、部分々々をバリエーションしていくデザイナーの複雑な技術が活かされています。

NEXT ドンキホーテのチラシも売り場も混沌の中での宝探し
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop