チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

季節ごとに対応したサンドラッグのチラシ

薬店は化粧品や日用雑貨も扱っているのがふつうです。
薬店のチラシはスーパーのように、バーゲンや特別セールというようなプロモーションは少ないようですが、常時、商品のカテゴリーをひろくとったチラシが多いようです。
まず、薬品など医療品の場合、季節ごとの快適さや健康への対応、冬は風邪の予防や、夏はお風呂や汗対策など、一応、シーズン性は出せますが、スーパーなどのように、シーズンをテーマに迫力を出すことには難があります。
また、「頭痛薬特集」とか、「スタミナ祭り」などはあまりなじめません。

たいがい、チラシのオモテ面には、風邪薬、胃腸薬、栄養剤など、メーカーとの特契でプライスダウンがはかられた商品が並列的に取り上げられています。
裏面では、化粧品、スキンケア、ボディケア、オーラルケアなどのヘルシー&ビューティ商品が重点になっています。
また、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗剤などの、日用雑貨品も掲載されています。
果ては、インスタントコーヒーや、コシヒカリなども登場します。
これはこれでよいとして、商品を並べるだけでは、生活者には実感がなく、生活提案もありません。薬品や化粧品の広告には、ライフスタイルやシーズンやクラスターでまとめる生活提案型のチラシをお奨めします。

たとえば、「この冬を乗り切ろう」ということで、風邪薬、スタミナドリンク、栄養剤、ホッカイロなどの温シップやマスクなどの雑貨品の特集です。
「男の身だしなみ」として、男性コスメや、シェービング、フレーバーなどの商品特集。
「アイケア」をテーマに、コンタクトレンズ・ケア用品、目薬の花粉症対策、疲れ目に栄養目薬などの特集。
というように、ターゲットのニーズからひろがる商品体系を幅広く見せたらどうでしょうか。
また、くらしの中の健康一口メモとして、メタボ対策、運動のお奨め、糖尿病の予防など、薬事法との関係で抵触しない情報提供も有効かと考えます。
生活者を賢くする知恵や情報を提供するお店の姿勢を取り入れて、共感や親しみを感じさせます。小さなお店でも、チラシでの、お客さまとのお話が生まれる雰囲気は有効です。

NEXT スギ薬局のチラシといえば?
最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop