チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

スッキリ感の高いスギ薬局のチラシ

薬店のチラシの特徴は、目玉商品的な扱いも少なく、スーパーの野菜や果物の広告のように、商品がボリューム感たっぷりに詰め込まれていないことです。
商品がスッキリ、整然とタテヨコのラインで並べられています。
商品のパッケージは同じなので、ひとつ以上並べる必要もなく、スッキリ感を高めています。
メインの場所にある商品は、栄養剤、ドリンク(ハコ入り)、風邪薬、胃腸薬、目薬など、日常的に手軽に使っているもので、どこの家庭にもひとつは常備されているようなものです。
すなわち、ちょっとした、腹痛、風邪の症状など、誰もがときどきかかる体調や具合に、習慣的に使うものです。
ニーズというより、富山の置き薬ではありませんが、常備薬を補充しておこうという感覚でしょう。
さすがに、商品カタログ的であっても、チラシのデザインにポイントが必要なので、「健康応援セール」という無難なタイトルが付いて、デザインらしくなっています。
メイン以外の商品も、いくつかにブロック分けされて、数種類ずつの商品が掲載されています。

ブロック自体もタテヨコに整然とレイアウトされています。
「元気で快適な毎日を過ごそう」(栄養剤)、「アイケア」(コンタクトレンズケア用品、目薬)、「筋肉痛に」(消炎の貼り薬、塗り薬)、「毎日の健康・美容をサポート」(ポカリスエット、ウコン、レモン水)、風邪対策、胃腸薬などです。
価格表示が少し商品にかぶる程度に満載されているので、チラシ全体にリズムをつくり、売りの雰囲気は出ています。
セールをプロモートする仕掛けとして、5日間の「日替わり奉仕品」があり、期間中のお買得性がアピールされています。
裏面はビューティフェアで、化粧品、トイレタリー、洗剤など、「まとめ買い」の企画も、どうせ買うならこの機会に、という動機付けになっています。

薬店のチラシの、薬のパッケージは、多くの人には馴染みのあるものが多く取り上げられますが、商品写真が小さくなりがちなので、ブランドがわかるよう、ハッキリ見せる工夫が必要です。
また、薬事法などの規制もあり、掲載事項には限度がありますが、お店の考え方や、お客さまの健康やふだんの生活での心がけなどのアドバイスがあってもいいと思います。
店頭にいらっしゃったお客さまに相談されたり、お客さまにひとことアドバイスされるのと同じで、お店とお客さまのコミュニケーション性を表現する、というのもサービスの精神です。

NEXT ケーヨーデイツーのチラシといえば?
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop