チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

PCデポのチラシは店の売りと
客の買いの駆け引きを戦略化

PCデポのチラシ戦略の上手さは、パソコンを買いたい人へ、買い替えたい人へ、買った人へ、それぞれ必要なツールやサービスを提供していることで、生活者の意識をひろげ、理解とモチベーションの手ほどきをしていることです。
出発点に設定されているのは、79700円と99700円の、誰もが知っているブランドの、15.4インチのノートパソコンで、両方とも、DVDスーパーマルチ、インテル高速CPUのCore2Duo、Windows Vista搭載、高い方は地デジ付きで、ともに500台限りですが、それぞれ個人情報保証、ウィルス対策、光インターネット及び設定・接続の4点セット付き、最も標準的なモデルで、いろいろなブランド、機能の有無、価格の高低へと広げていくときの、最適の目玉であるといえます。
少し高めのモデルに導いていくときに、機能性もプラスされていく理解度を高めます。
この機種より安い有名銘柄もありますが、それはパソコンにうるさいマニア向け、オプションを選べるカスタマイズタイプですが、MicrosoftのOfficeは、たいがい、別売りです。

パソコンを自分で組み立てるニーズから始まった秋葉原ほどではありませんが、ちょっと自分用にカスタマイズしたい人や、使う目的によって仕様を変える若者やプロ向きのニーズにこたえてくれのす。
若者を取り込む戦略として、PCデポでも、100円で買えるイーモバイルに力を入れています。
パソコン専門店としての、配慮し尽くされたチラシのデザインは、ビギナーにも、買い替え予定者にも、マニアやプロ級にも、共通してわかりやすい意識のステップアップが仕掛けられた戦略になっています。
高性能のパソコンに破格の値段が付いていることもなければ、高額のパソコンの機能が低かったりすることもありません。パソコン店と購買見込み者の関係は、売りをどこまで下げていくか、買う時にどこまで欲張り、どの辺で我慢するか、という機能性と価格の駆け引きです。
知れば知るほど、この機種はこの値段、この値段ならこの機種という落ち着き方をしています。
ただ、ときどき、店の都合、客のニーズで、展示品限り、まだ在庫ありで、店は売り切る、客は拾いものをするという、軌道を少し外したチャンスがあるので、チラシは見過ごせません。

NEXT 西松屋のチラシは子育てのファッションマニュアル

pagetop