チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

チラシを名古屋で配布するコツは?

名古屋に限らず、どこの都市でも、チラシを街頭で配布するコツは、場所と、時間とチラシの内容による、環境設定です。
街頭でのチラシが効果的に行われているのは東京、この国際都市で、人々はあらゆる情報を求めており、ムダなものはないからです。JR池袋駅や新宿駅前や銀座有楽町は格好の場所です。

街頭でのチラシ配布のパターンは、人通りの多い交叉点の路上、朝の通勤時間か、オフィスのオフタイムの帰り客、日曜や休日では繁華街の昼間、家族連れやカップル。
名古屋市は、チラシ配布が意外に難しい都市なのです。全国でもトップクラスに地下街が発達しているからです。JR、名鉄電車、近鉄電車、名古屋市地下鉄の名古屋駅の乗降客は、17万uの地下続きに勤務先の近くまで地下を歩いて行けます。
東はユニモールなどの地下街を通って国際センタービルまで、北は新しくできたルーセントタワーまで、西はJR名古屋駅を通って新幹線口まで、南はサンロードを通って笹島交叉点まで、雨の日でも濡れずに行けます。
名古屋で最も通勤通学者の多い名古屋駅前では、数多くある地下鉄の出口で配布することは全く論外です。第2のターミナル、都心の栄も全く同じで、東西南北の地下鉄、地下街の真上に栄があるので、配布する場所が特定できません。
といっても、天気のいい、それなりの時間帯は名古屋駅前なら、新しくできたトヨタのミッドランドスクエアと従来の名鉄百貨店をつなぐ横断舗道の両側、笹島交叉点、栄地区では、三越と丸栄スカイルの交叉点の路上があります。
そして、栄でのとっておきの街頭チラシ配布のメッカは、丸栄百貨店と明治屋の間の狭い横断舗道の辺り。なぜか、その狭さに、チラシを配りやすく、カップルなどが受け取りやすい街の雰囲気があるのでしよう。チラシを配りやすく、受取りやすい、都市空間があります。

名古屋での副都心では、お店の立地にかかわりなければ、お奨めのチラシ配布のポイントは、JRと名鉄電車の総合駅・金山駅の北口、複合商店街「アスナル」もできて、チラシを配布しやすいスクエアになっています。
さらに周辺になると、今池、星が丘、若者の多い学区地域、など、目的に合わせて、立地条件が異なります。
基本的にチラシの配布は、道路使用の警察などへの申請が必要、また間近の建物の営業妨害にならないていどの、それぞれの了解が望まれます。
名古屋でのチラシ配布は当サイトが提携しているAZエージェンシー(アズエージェンシー)をお奨めしています。

NEXT チラシの1色刷りの効果は?

pagetop