チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

チラシは費用対効果において
経営戦略の資源なのです。

チラシの費用対効果を高めるマーケティングのひとつはメディアミックスです。
とくに、通勤者、昼間人口などを対象とする都心のベッドタウンでは、意外に相性が良いのは鉄道、地下鉄などの交通広告、なかでも短期間掲載の中吊りポスター、そういえば、朝刊の折込みでも見た。専業主婦の場合は新聞広告を見てそういえばチラシと同じ情報、というチラシを想起する相乗効果です。
メディアミックスは「同じ日」が基本です。

そして、いまでは、ネットです。新聞折込みと同じものをネットで見ている生活者が増えています。
Atamaでも、そうしたネットでのチラシ閲覧者のニーズにヒットする多くのサイトを運営しています。
単純に、チラシの費用対効果を推定する仕掛けは、割引クーポン、アンケート、応募キャンペーンなどの測定できるリアクションを得るフックにあります。データを集め、回数を重ねることで、期間、商品、価格などによるシミュレーションから、効果的なパターンを析出できます。
チラシの費用対効果の適性モデルを編み出すためには、チラシごとの来店者、商品売上げなどのデータを、マーケティング戦略として蓄積していくことにあります。

チラシによる効果は、時期、セール、商品、価格など、複合的な要因の多様な組み合わせがあり、その都度、データは異なります。そのときに大切なことは、商品アイテムごとの売上げ実績をリンクしていく技法にあります。
商品の売上げは、チラシの直接効果ばかりではなく、チラシを見ていない人でも買っていくので、単純に結びつきませんが、ケーススタディを豊富に蓄積することで、さまざまなシミュレーションモデルが析出され、売上げを関連付けるいくつかの法則を見出すことができます。
その軸は、折込み部数、折込み地域、価格、売上げ高など、多くの指標が複合化されていますが、ケーススタディを蓄積していくことで、数量化U類による分析やクラスター分析などで、費用対効果の、どのような因子が拘わりあってチラシ効果を高めているのかの、その企業なりのパターンを概念化し、効果予想を回帰方程式で推測することができます。
データの結果をさらに、デザイン面やキャッチフレーズなどで微調整していくことで、チラシのいくつかのパターンと費用対効果の連動システムを確立することもできます。
チラシは費用対効果において、その場限りの販促ツールではなくて、経営戦略の資源なのです。

NEXT 不動産チラシの秘訣とは?

pagetop