チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

ホーマックのチラシは生活者自身の暮らしづくり

ホーマックのチラシの戦略は、ホームセンターの店舗の経営戦略と同じ、生活者の住まいと暮らしを、楽しくする、改善する、健康にする、工夫する、創造するなど、生活者が自分で生活をデザインできることがコンセプトです。
ホーマックの主力商品のひとつ、ガーデニング商品や道具は、庭やベランダで花木や野菜を育てることが、人々に自然と触れ合う楽しみを提供します。子供たちには、命の大切さを感じる気持ちを、大人たちには癒しや喜びをもたらしてくれます。
いまの人たちは、けっこう器用に家屋を修繕したり、バリアフリーにしたり、自分で机や犬小屋を作ったりしますが、道具や木材などの建築素材によるDIYも、人々の考え方や暮らしを建設的にしてくれます。DIYもホーマックの主力商品です。
しかし、毎日、種・苗木やラティスや電動ドリルや建築資材を買うわけでもないので、お客様に足しげく来店してもらおうとなると、毎日使っている買い回り、洗剤などの生活日用品が、レギュラーなチラシの目玉商品になります。

ホームセンターには、食品スーパーと同じ野菜などの生鮮食品や加工食品があり、ドラッグストアと同じ洗剤やハウスキーピングの用品があり、家電店と同じデジタル用品やテレビがあります。
ホームセンターには生活にかかわる広い分野の商品がありますが、いつもすべてを載せることは効果的ではないので、同じ店でもテーマを決めて特集を組んだり、地域の特性や店舗の持ち味を強調したデザインにしたりして、多様化が図られています。
ホーマックのチラシも、園芸や農業資材などのガーデニングの特集、DIYやリフォームや建築道具や資材、インテリア、ガレージなどハウジングの特集、自転車、スポーツ用品、キャンプ用品、ウォーキング用品、ウェアなどのアウトドアの特集、新入学やボーナスシーズンの家電の特集など、多彩なバリエーションがありますが、多業種にわたるホームセンターのチラシづくりの苦労でもあり、SPの見せ所でもあることが、戦略の決め手でもあります。
ホーマックが標榜しているのは、「暮らしいきいき」を応援する「ホームアメニティ」、店舗は関東から北海道の東日本に約200店、カーマ、ダイキとの提携による、DCM Japanは業界トップです。
また、店舗のコンセプトを打ち出した、ヘルスケア、インテリア、ホームキーピング、エコライフなどのオリジナルブランド「快適上手」も展開しています。
ホーマックのチラシ戦略は、市場の優位を背景に、生活者自身による生活づくりの提案や商品情報の提供を、自信を持って行っていることがインパクトになっています。

NEXT 関西スーパーのチラシのキャプションはトレーサビリティの証明

pagetop