チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

かねひでのチラシの戦略は地産地消が強み

かねひでは沖縄全土に約70店舗を持つ地域密着型の食品スーパーです。
ゴールデンウィークの「パワーアップ日曜朝市」のチラシには、お肉や加工食品が華々しく満載されていますが、その中に、「沖縄島豆腐」や「ハイサイさんぴん茶」、「さんぴん花茶」など、地元の産物が取り上げられています。
GW後の、5月8日のチラシは、語呂合わせで、「ゴーヤーの日!」として、ゴーヤーちゃんぷるーの調理の写真のシズル感が目を引き、沖縄特産のゴーヤー100g、58(ゴーヤー)円でお買い得、ゴーヤー丼、ゴーヤー弁当、ゴーヤー天ぷら、ゴーヤー炒めなどの総菜も目玉になっています。
これだけメニューがあると、甘くてほろ苦いゴーヤーのお料理を食べたくなります。
いまでは、日本のどこでも、親しまれているゴーヤーですが、どちらかというと、家庭で食べるか、外食で食べるか、という感じでしょうが、まず沖縄の地元の人々に愛されていることで、沖縄の食文化のブランドとして、日本の食文化に多様性をもたらします。
かねひでのように、地元に密着した店舗が、沖縄の風土と味覚に合った、地産地消の食材を流通する役割を果たしてくれているのは、ありがたいこと、かねひでのチラシの戦略は、地産地消に貢献しているところにあります。

輸入食材に頼らざるを得ない日本に、いま求められているのは地産地消、まず育てた土地の人々が味わってこそ、日本中に普及していく原動力になります。
そこには、風土、地質、気候、水、生活スタイル、他の食べ物との関連性など、複合された要因からおいしいものがつくられ、おいしい食べられ方が生まれます。
かねひでのチラシには、地元で採れたものを、地元の人が食する、地産地消をすることで、沖縄の食文化の良さを他県にも広めていくブランド戦略があります。
かねひでの良さは、まず地域社会のためにあるという、信念があることで、金秀商事グループでは、ホテル、ゴルフ場などの、恩納マリンビューパレスも経営、観光収入を県外から呼び込む戦略も可能になるのです。
その基本戦略が、かねひでの、地域の人たちに地元の食材を提供する、食文化づくりのチラシ、まず地元に愛されることで、日本中からも、海外からも、沖縄のブランドが育ちます。

NEXT カインズホームのチラシの清潔さは生活者のセンスに響く
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop