チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

カスミのチラシは
値段ばかりの背景に活発な食育活動

カスミのチラシは、ウラオモテ2色刷りの、写真も付け足し程度にしかなく、値段の数字ばかりが並んだ素っ気ないもの。
よく見れば、涼麺にピッタリ!薬味野菜が87円均一。これが根生姜、自然派大根など、拠点市場の茨城の産、埼玉のネギや千葉のトマトなども、地産地消がうれしい配慮。
1日限りは、金曜は味噌や醤油の調味料、土曜は飲料、日曜はお米の日、月曜は冷凍食品半額、フードオフストックタイプの店舗は、金曜はヨーグルト3割引、土曜はランチパックがお得、日曜はカレー&サラダ&パスタ、八百屋の日、月曜は50円均一、火曜は69円均一、水曜はたまごの日、木曜は55円均一とありますが、並んでいるのは全部飾り気もない数字だけ。
でも、このような素朴なチラシを出しているお店は、えてして常連さんが付いているものです。

1961年に設立された拠点の茨城県に85店、首都圏で135店になるわけですから、地域に密着して繁昌しているお店ということになります。
その秘密は、食品を扱っているお店がやるに最もふさわしい食育の活動を地域の人たちと密着してしっかり行っていることにありました。カスミは食品スーパーとして、食の大切さを伝えるために、とくに母親と子供たちに、体験型の食育活動を盛んに行っているのです。
1回10組の親子の料理教室、キッザニア東京ばりのキッズクッキングスクール、オーガニックを推奨するヘルシークッキング教室、アトピーに悩む子にもやさしいアトピッ子料理教室、売り場での学習体験は5A DAYスーパーマーケットツアー(参加した児童は2007年は9千人),1日5皿分の野菜と果物を食べようという活動です。
社会的体験として、キャベツやニンジンの収穫体験、田植えや稲刈りの体験、北海道キリタップ探検隊、スポーツでは、つくばマラソン大会やドッヂボール大会や鹿島アントラーズふれあいサッカー教室など、広範囲な活動を行っています。盲導犬の支援やピンクリボン活動も行っています。
これだけ盛んな活動を行って、地域の人々と密着していれば、良質の生鮮食品や調味料を買いにきてくれるはず。店頭でニーズにこたえる食材を提供することにならざるをえません。

カスミのチラシの戦略は、値段の数字だけの素っ気ないチラシの裏に隠れた、盛んな社会活動と食育を啓蒙する精神があってのこと、自信に満ちたシンプルさは、他社がデザイン面だけで真似が出来るものではありません。
信頼できる友達の一言と同じ、最低の言語で事足りるマーケティング環境を築いている素晴らしさがカスミのチラシの背景にあります。

NEXT PCデポのチラシは店の売りと客の買いの駆け引きを戦略化
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop