チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

喜んでいただける店づくりをめざす
マルエツのチラシ

チラシという媒体は、お店にとっては売るためのツールですが、健気な庶民の生活を映している鏡でもあります。
マルエツは、関東の住宅地に約240余店、庶民の食生活を応援しているチェーン店です。
地域社会の絆を大切に、お買い物を通してフレンドリーな関係を築こうとしています。 ホームページの社長のメッセージは、「マルエツがあってよかった」「マルエツのある街に住みたい」と喜んでいただける店づくりをめざしている、とある通り、チラシにもその理念が、商品アイテムやデザインに表現されています。
満員電車での都心への通勤通学、帰りが遅い忙しい生活、切り詰めた食生活、都心に限ったことではありませんが、とくに首都圏では身に沁みて感じることでしょう。
マルエツのある日のチラシは98円均一の「大均一祭」、オモテ面に、ギッシリ並んだ50点以上の食品のアイテムが紙面の8割を占めていて、野菜、果物、お魚、お肉、デザート、パン、人気のインスタント食品、お菓子、飲料、惣菜などが、すべて98円。
マルエツのチラシの特徴は、メイン商品、わかめラーメン、日進の焼きうどん、ワンタン、巻寿司など、手軽に調理できる食材が多いことです。
遠距離通勤や、共働き家庭では、遅く帰宅して、調理にそれほど時間をかけられません。
そのようなときに、もちろん、野菜、お肉、鮮魚、刺身などもマルエツの目玉であるので、なにか一品つくったとしても、 取り合わせは、手軽に調理できる食材があれば大助かり。
裏面にも、2色刷りですが、冷凍食品やカップ焼きそば、レトルトのカレーやポタージュ、お茶漬けなどや、その日の調理の、なす肉挟みあんかけや、するめいか唐揚げなどのお惣菜が扱われています。
その日の夜でなくても、お手軽調理の応援アイテムといえるでしょう。
ホームページでは、「さわらの竜田揚げポン酢がけ」「ソーセージとブロッコリーのオムレツ」「牛肉と小松菜のビリ辛麺」などといった、チラシのテーマと同じ総菜やレシピを紹介しています。
マルエツが提案しているのは、調理の時間や手間を助け、簡単に調理できる食材、まさに忙しく働いている主婦や単身者にはありがたいお店です。
そんな庶民の気持ちに応えてくれるチラシであるといえます。

NEXT チラシで見るサンドラッグとは?
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop