チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

マルナカのチラシは地産地消を支えている

マルナカは、四国地方を中心に定着している食品スーパーで、山陽地区にも進出しています。
四国の4県は、本土から切り離されたひとつの島、それだけに、4周を太平洋に囲まれ、海の幸に恵まれています。
獲り立てのかつおもおいしいし、お魚も豊富なところ、マルナカのチラシも、そうした郷土の食文化の地産地消の暮らしを支えているところが魅力です。
自然に、チラシのメイン商品は、海の幸となり、かつお、かれい、ちりめん、えんがわ、ほたて、と海のもの、地産地消のベネフィットを活かしています。
土佐鶴というお酒がありますが、かつおのおいしさを引きたてる、独特のお酒です。
その切り口は価格メリットで、ある日のチラシは、オモテ面が全品99円と、199円。単品であれ、グラム当たりであれ、安さを強調、地域社会の食生活のニーズにフィットしています。
その裏面も、ひたすら価格訴求、やはり海の幸が、生活者の食文化の豊さを応援しています。
たとえば、月替わり商品として、いわしくじら、たちうお、ボイル帆立ていか、真あじ刺身、ブラックタイガーといった魚系を中心に、豚ロースやハンバーグなどの食肉系、キュウリ、ピーマン、サンふじりんごなどの野菜や果物、ごま油、ヨーグルトなどの加工食品などが、「目玉大市」の商品になっています。
マルナカのチラシには、そうした四国の住民の食生活に密着した地域性の魅力で、生活者をとらえています。
よく流通がめざすもののひとつに、地域一番店というのがあります。まさに、マルナカのチラシは、地域に密着した情報源として、とてもうれしいツールであるといえます。
名だたる政治家を輩出した土佐の風土と伝統は、チェーン店ひとつにしろ、チラシひとつにしろ、脈々と骨太に生きているといえます。

NEXT 家族を配慮したコープのチラシの魅力
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop