チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

チラシ 折込で検索された方へ

チラシ折込で検索された方への情報です。チラシ折込やポスティングチラシでは、チラシの内容そのものと配布するタイミングが重要ですが、配布地域の特定が大変重要な鍵となります。
配布エリアの選定には、次の方法があります。

1.店舗中心配布
チラシの対象店舗を中心に折込みチラシを配布する、最もベーシックな方法です。来店の可能性が高い顧客は「店舗に近いところ」にいるはず。そこを外さずに、漏れなく告知していくことは集客の重要なポイントとなります。

2.動線中心配布
平面で直線的に見れば店舗の近隣エリアだったとしても、大きな河川や広い道路、鉄道線路などは地域を分断する重要な要素となり得ますし、小規模であっても丘・山があったり急勾配の坂があったりすれば、それだけで迂回するとこになるので隣接していても“近隣エリア”と這いえません。また、総合運動場などの広域な施設があることで、長い距離を迂回する必要があれば、それらも往来を阻む見逃せないポイントです。消費者は全く同条件の競合があれば、少しでも近い方を目指します。また多少他店より安くても交通至便を優先させることは、駅前立地のスーパーがあまり安売りをしなくてもやっていけるのを見ればわかります。

3.データ利用配布
データを活用して、折込みエリアを絞り込む方法です。集客したいターゲットの分布を明確にする事によって折込みエリアを絞ります。
ひとつが、国や県・市町村などがまとめる公的統計資料からの分析です。国勢調査をはじめ様々なデータから、ターゲット層の比率が高い地域に狙いを定めて集中して配布します。年齢層・家族構成・年収の度合いなどのデータを活かし、マーケティングも兼ねた配布プランが組めます。
もうひとつがレスポンスデータの活用です。
既に他の広告媒体を利用した際に取得したデータや、顧客リストの個別情報等を駆使して折込み対象エリアを決定します。一般的な統計データよりもターゲットエリアを絞りこみやすく、顧客の多いエリアを狙うため、すでに企業や店舗、商品などが認知されている場合も多く、レスポンスの高い、深い訴求効果が期待できます。

NEXT 新聞チラシ広告といえば…
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop