チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

オオゼキのチラシの特徴は値段の安さ

生鮮食品ほか、食品、酒類、日用雑貨のスーパー「オオゼキ」のチラシは、まさに毎日の買回り品の商品がギッシリ、日替わり目玉商品の扱いも多いのですが、どの日も、野菜、お肉、果物、チーズなどの加工食品、お茶などのボトルドリンクがあって、いつでも、どんなメニューでも役立つ食材があります。チラシの掲載食品の数は圧倒的です。
そして、チラシの特徴は、商品の品数と、値段の安さ。なんと、ある日のチラシの価格表示は、その単価、g当たりにかかわらず、ほぼ600円以下、財布の小銭で買える商品ばかりです。
すなわち、ここまで徹底して品数が多いと、オオゼキのチラシを見て献立を決めよう、というようにお客さまの心理が働きます。
なぜ、このようなチラシのデザイン、このような商品体系になるのでしょうか。それは、オオゼキの小売店としてのコンセプトが、お客さまの大切な家計や財布と密着しているからです。
創業者がまだ、7.5坪の個人商店だった頃、生活者の家計を1日300円くらいとみて、余計なお金を使わせなくても、お客さまに来ていただこうという創業者の精神が活かされています。
そして、他のスーパーと違うのは、本部で決めたものを売るだけでは店長の経営力は育たない、ということで、個店分散仕入をして、地域のお客さまのニーズに密着した品揃えを行っていることです。
日経流通新聞の「日本の小売業調査」で、「使用総資本経営利益率ランキング」のスーパー部門で第1位の栄冠に輝いています。
オオゼキは、首都圏の、世田谷区、大田区、品川区など、都心を避けた住宅地に約30店、地域社会の庶民とのダイレクトなマーケティングで受けているスーパーの強味が充分に感じられるチラシです。チラシはユーザーのニーズの鑑です。
献立を考えてから食材を買いに行くのではなく、オオゼキのチラシを見て献立を考える、に値する充分な情報が提供されています。
この不況下、10円でも大切にしたい主婦の心理を大事にしているところが活きています。

NEXT つるかめランドのチラシの良さは?
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop