チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

価格訴求のチラシは頭脳ゲーム?

生活者の買い物の最大のポイントは価格が安いこと。少しの上下にも、敏感です。
価格は、お店側と生活者の阿吽の呼吸、追いかけっこですが、値付けにはひとつのルールやパターンがあります。
そのひとつが、お店のMD(マーチャンダイザー)が使う言葉で、「ニーキュッパ」「サンキュッパ」があります。 2980円、3980円、または、家電や宝飾品の場合は、29800円、39800円というように、あと20円、200円高いと、1ケタ違って、高値感が出てしまいます。
お店にもよりますが、末尾が98、98、98…のオンパレードのチラシも少なくありません。

生活者、とくに毎日のように買い物をする主婦は、定価がない葱やキャベツなどの野菜でも、財布の基準を持っていて、安い、高いと判断します。牛肉なども、普通に買うものは、シャブシャブ用の肉と比べて100gいくら安いかを心得ています。
そのようなマーケティングの中で、チラシの値段を安くするだけでは、お店側とユーザーは、いわば価格訴求の頭脳ゲームのようなもの。生活提案のテーマを打ち出しながら、ひとつひとつの単価を下げることに腐心しないで、独自の企画を立てる総合的な価格訴求の戦略が必要です。
安く売れば買ってもらえる可能性は高いが、お店の利益も少なくなる、ほんとうは、高く買ってもらえば収益も増えますが、そこには理由がなければなりません。
たとえば、高い理由は、今夜の牡蠣鍋の食材は、広島の産地直結の企画であること、安い理由は、ちょっとサイズが不ぞろいなだけで、味は一級の青森産のリンゴです、など。
このコーヒー豆は少々高いかも知れませんが、アフリカの産地の農家の生活を支援しているフェアトレードに貢献しているからです。無農薬で育てた蕎麦を、信州の職人が手打ちで作っているからです、など。

価格訴求にお客さまが納得できる情報の付加価値を付けるだけで、安い価格のものも、高い価格のものも、売れるのではないでしょうか。
チラシの価格の数字は、商品のクォリティを示すキャプションとセットでありたいですね。

NEXT ドラッグストアのチラシの作り方は?
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop