チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

大人の目を楽しませるトイザらスのチラシ

トイザらスのチラシは現代の子供マーケティングを象徴しているようです。
その主流はブランドもの。
ベビーカーや車のベビーシート、チャイルドシートなども、Combi、Aprica、RECARO、TAKATA、AILEBEBE、Richellなど、いろいろなブランドが取り揃えられています。
チャイルドシートなどは意外に場所を取るものでコンパクト性が求められ、取り外しをする親の面倒から軽さが求められ、子供のためにはダッコされているような快適性が求められるなど、親にも子供にも、人間工学ならぬ、赤ちゃん工学の技術の粋が活かされ、安全性と居住性が追求されています。だから、価格も高いのでしょう。
トイザらスの、子供の遊びの世界は、カラフル、クリエイティブ、システマチック、ナチュラル、キャラクターなどで、子供の視聴覚と体感を開発します。
トイザらスのチラシには、そのようなトイ・グッズが満載、まず、大人の目を楽しませてくれ、お店に行って触ってみたいという気持ちを起こさせてくれます。

トイザらスのベビー部門では、寝ている姿勢の赤ちゃんの視線を捕らえ、手足の動きを誘発する、お部屋用品やケアグッズもいっぱいあります。
大家族が少なくなり、核家族の時代になって、おばあちゃんが伝統的に教えてくれた子育てを、若い親たちが知らないいまでは、逆に、トイザらスの商品を親が見て、子育てや、赤ちゃんの成長を学ぶヒントになります。

玩具やケアグッズは、幼児の情操教育にとっても大事なもの、発育ざかりの感性や知能を育てる環境を設定できるのは、ひとえに親の考え方、トイザらスには、子供に与えるものではなくて、親の「子育て力」を刺激するモノや情報がチラシにもいっぱいあります。
手間が省けるからと、テレビをつけっぱなしにして、赤ちゃんに見せておくのはいちばん良くない環境です。
テレビの画面はデジタル、体を使って成長していくことと正反対なので、逆にマイナスです。
赤ちゃんや幼児の成長を考えたら、テレビではなくトイザらス、と思わずお奨めしたくなるアイテムが、トイザらスのチラシにはいっぱいです。
それは同時に、お母さんの「子育て力」開発のアイテムでもあります。
トイザらスが日本に上陸して約20年、約10年前にベビーザらスもできて、さすがにワールドエンタープライズの経営思想が活かされています。

NEXT ゲオのチラシの良さは?
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop