チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

つるかめランドのチラシは安め安めを追及

首都圏における郊外の生活エリアは、小売店のチラシ・マーケティング戦略の宝庫です。
首都圏という、国際的にも先進都市のビジネスやファッションやハイテクにどこかでかかわってはいるが、生活者としての等身大のスタイルやニーズが見えるのも、首都圏郊外です。
それは、日本の生活者の最先端のトレンドを反映してもいます。
そこには、おしやれとか贅沢ではなく、給与生活者やパートや派遣社員の、つつましやかで、堅実な日常があります。
そのような庶民の市場を背景として成功している小売店チェーンはたくさんありますが、「つるかめランド」もそのひとつです。
庶民のくらしは、銀座や新宿など、企業や文化の場所ではありません。

郊外の住宅地や私鉄沿線の駅からひろがる首都圏の生活には、ささやかなくらしや、財布をはたいての買い物があります。
「つるかめランド」のチラシには、そうした、首都圏郊外の庶民の毎日のくらしや食生活にありがたい品揃えやプライスゾーンがあります。
たとえばある日のチラシは、菜の花1束298円、たらの芽198円ですから、おひたしや天ぷらの献立は1000円前後でおさまりそう、赤エビ1パック398円、真鯛作り100グラム398円、冷ホタテ100グラム239円ですから、1000円までで魚すきができそう。
失業や派遣切りの不況下で、安め安めを追求して生活している人たちの味方に、「つるかめランド」はなってくれそうです。
英テスコ社の日本進出に当たって、加工食品部門を専門とする、ディスカウントスーパー部門を買収したのが、ディスコジャパン、いま100店舗余で、3300人が地域の住民に生活用品を提供しています。

NEXT ママフルのチラシの良さは?
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop