チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

ユニクロのチラシ良さは商品の良さ

ユニクロだけがこの不況の時代に気を吐きました。
まず、若い人たちが気軽に着こなせる商品がいい。それに値段に手頃感があります。ユニクロのチラシにも、そうした商品力や企業イメージがあふれているのが良いですね。
商品ブロックがタテ、ヨコに整然と構成されていて、清潔感があります。何よりも配慮されているのは、カラーのシリーズの豊富さ。シャツでも、ボトムでも、それぞれ、10種類近いカラーバリエーションが揃えられていて、ユーザーは自分の好みの色を探そうとしますから、すでに、チラシの注目度を超えてしまっているのです。カラーや柄の豊富なシリーズには、モチベーションの高さが秘められています。
ナチュラルなロハスカラーがあるかと思えば、ピンクやブルーのショッキングカラーもあり、いかにも若々しさがあふれています。

チラシを制作する方にも、さながら色見本を見るような素晴らしさです。
安めのファッション商品は、衣料スーパーやショッピングセンターのチラシ広告だと、安さを強調する商品の並べ方や、ラフな書体での価格を表示しますが、ユニクロの価格は、長体をかけたスッキリとした、Helvetica Condenced 風の礼儀正しさで、崩していません。そして、深みのある赤が多く使われ、商品ブロックとのバランスがとれています。
ファッションメーカーだけあって、モデルの人物のさりげないポーズ、しかし、商品の特徴をよく活かして着こなされています。もともとアラーキーさんが携わっていただけあって、広告写真ではなく、クォリティのあるファッションフォトになっています。ラフなスタイルが、ユニクロの商品コンセプトを表現しています。
ユニクロのチラシの良さは、商品の良さでもあります。いい商品を作る、仕入れる、取り揃えることから、いいチラシづくりが始まるともいえます。

NEXT ケーズデンキのチラシの良さは?
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop