チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

イトーヨーカ堂のチラシはハトの図柄が目印

イトーヨーカ堂のチラシは見ればすぐにそれとわかります。ハトの図柄が必ず目に飛び込んでくるからです。通常、どの店舗も食品だけでなく、衣料・家庭用品など全てが揃うGMSの店舗構成のため、ほとんどが大きなサイズのチラシで、両面にギッシリと賞品が並びます。
運営する株式会社イトーヨーカ堂は、関東地方を中心に、北陸・山陰・四国・九州・沖縄以外の全国25都道府県に店舗をもつ企業です。2000年以後組織改変でセブン&アイ・ホールディングスの子会社となり、中核を担う企業です。
社名は「イトーヨーカ堂」ですが、店舗名は「イトーヨーカドー」あるいは「Ito Yokado」と表記しており、通称「ヨーカドー」です。証券の世界では「イトヨーカ」と表記されることも多かったものの、持株会社セブン&アイ・ホールディングスが上場したことで、現在は上場廃止。
出店方針としては、セブン-イレブンと同様に地道なドミナント展開。全国展開が優先するイオンなどと違い、無理な出店は一切ありません。効率的な経営が功を奏し、他社より高い利益率を生みだします。南関東エリアでは1都3県で109店と高密度の出店なのに対し、その4都県と13店舗出店中の北海道以外には、10店舗以上出店している府県はありません。その他の地域、特に関西方面に出店していないため、関西地方での知名度は極めて低くなっています。稼ぎ頭のセブンイレブンも関西。中京地区が後発だったにもかかわらず、現在急速に知名度・利用度をUPさせていることを考えれば、いずれ時期が来ればいつでも巻き返すくらいの腹積もりはあるのでしょう。

NEXT イトーヨーカ堂の広告「ちらし」といえば…
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop