チラシの明日が見える。

チラシ印刷、格安広告ちらしのデザイン・制作ならアタマ

ヨークマートはチラシとネットの相乗効果

スーパーなど新聞の折込みチラシは、生活者の食生活にとって欠かせない情報源です。
チラシが打ち出している目玉商品や割引率などの価格と、主婦や生活者の献立などの食生活の予定が、上手にジョイントされているほど、食生活のゆたかさをひろげ、家計を安く切り盛りする、現代人の上手な暮らし方といえます。
そんなとき、食品専門のスーパーのチラシはありがたく、「安いから買いに行く」ことと、「今日の献立づくり」を限りなく近づけていく役割を果たします。
とかく、産地や賞味期限の偽造など、外からでは判別できない、現代の企業のあり方を考えると、流通のブランドが通っていて、買い物体験して納得していれば、そのお店に信頼感や安心感を得られて、顧客満足の高い常連客になります。
ヨークマートも、そうした店舗としてのポジショニングを得ているといえます。
ヨークマートの企業ロゴは、イトーヨーカ堂やセブン・イレブンでおなじみ、セブン&アイ・ホールディングスのグループ会社、食品に特化した食品専門のスーパーマーケットです。

チラシは、食品スーパーと同じ食品の情報ですが、デザインイメージとして異なるのは、レイアウトの確かさと色使いの思いきりが、ユーザーに安心感や値打ち感を抱かせる「しっかり感」にあります。
その技法のひとつに、商品アイテムやカテゴリーのゾーニングの区画りの仕方や、商品を映えさせるバックの、ときに、赤、緑、黄といったインパクトの強さにあります。
商品のバックに黒を使うことは難しいのですが、ヨークマートの場合は、赤や黄色の文字やデザインで、全体のバランスがとれ、暗くなっていません。
また、堂々と「半額」を打ち出している歯切れの良さや、庶民にとってのわかりやすさもあります。
食肉を単品ではなく、肉類として集めることでのボリューム感が出るし、野菜類も近くにまとめることで、アテンションを高めます。
ヨークマートのチラシは、「食品を売る」ためのものというより、今日は「半額」の野菜やお肉がいっぱいあるから、「食事の献立をここから考えて」という生活者のプログラムを提案しています。
チラシとネットの相乗効果も戦略にしていて、「今日のおすすめ献立」のアイデアを、ホームページ版のチラシで、毎日、日替わりでアップロードしています。
ヨークマートの実績はもう30年以上もあり、首都圏を中心に約60店余を展開、セブン&アイ・ホールディングスの、衣食住を綜合するイトーヨーカ堂、マーケティングの先端を行くコンビニのセブン・イレブンのノウハウを活かして、食品専門スーパーのポジショニングを得たチラシになっています。

NEXT ドン・キホーテのチラシの良さは?
業界最安値B4両面カラー印刷データ確認無料の安心印刷

pagetop